東方神起ユンホ、公演後も1番最後までファンに挨拶し続ける姿が話題に

November 30, 2017

今月19日に北京で行われた「SMTOWN LIVE WORLD TOUR III in BEIJING」に出演した東方神起ユンホのファンに挨拶する姿が話題となっています。「SMTOWN LIVE WORLD TOUR III in BEIJING」より ユンホは最後の公演を終えて他のアーティスト達がステージを去る中、1人最後まで残りファン達に丁寧に挨拶しています。 ユンホは右の端から左の端まで全ての観客の方を向いて90度のお辞儀をし、ファンのために最後まで手を振るユンホの姿に感動したという声が挙がっています。 またユンホは以前から挨拶が丁寧だとして有名で、いつも90度のお辞儀が礼儀正しいとしてファンたちの間では評判のようです。 この日の公演にはカンタ、BoA、東方神起、SUPER JUNIOR、少女時代、SHINee、f(x)、EXO、Zhang Li Yin、TastyなどSMエンターテイメント所属のアーティストが出演し、観覧に訪れた多くのファンのために市当局が公共交通の運行時間を延長、また警護のため1万8千人の人員を準備するという異例の処置が取られ中国でも大きな注目を浴びていました。 韓国のネット上では… ・後輩達が先に戻る中最後までファンのために残る姿に感動 ・ユンホはファン想いだよね ・かっこいい ・本当に90度! …など様々な意見があるようです。

Valve 「L4D2のRealismモードはチームとしてのスキルを磨くモード」

November 28, 2017

Left 4 Dead 2の新モードであるRealismモードについて、ValveのChet Faliszek氏がその詳細を語っています。 Chet Faliszek: Realismモードは、ただExpertを更に難しくしただけのものじゃないんです。今回も4段階の難易度があって、そのどれでもRealismモードをプレー出来るんですよ。プレーヤーは同じチームでプレーし続けるという事が分かったんですが、彼らは別にExpertやHardをプレーしたいわけじゃなく、チームとしての手応えを求めているんですよ。 敵をなかなか殺せないようにして、自分は簡単に死ぬようにするのは簡単なんですが、それでは何も面白くない。仲間が光るのもなくして、Witchに一撃で殺されてしまうようにし、イベントの重要性を増しているんです。死んだらそれっきり。蘇生は出来ないんです。安全なクローゼットもありません。除細動器を使えば復活しますが、味方にやってもらう必要があるんですよ。 前作の開発中、仲間を光らなくしていた時期があるんです。とにかくストレスが溜まって、難しかったですね。スタートしたら味方から離れてビルに入って、中で何か見つけたとする。「パイプ爆弾があるぞ!あれ、みんなどこだ?」って感じですよ。全く見当もつかない。全然違うゲームになるんですよね。Realismモードは、チームとしてのスキルを磨くモードなんですよ。 [ソース: VG247]

回転窓/スキーシーズンようやく?

November 27, 2017

年末年始の首都圏は穏やかな晴天が続き、初日の出を見たり初詣に出掛けたりした方も多かっただろう。一方、積雪量の増減が商売に直結するスキー場の関係者にとっては、晴天続きは困りもの。雪不足で滑走不可のゲレンデが多いという▼日本のスキー発祥の地とされる新潟県上越市の金谷山スキー場。1911年1月12日にオーストリアの軍人、レルヒ少佐が地元の青年将校にスキー術を伝えたのが由縁。この出来事を記念し、同日を「スキーの日」と定めた▼地球温暖化で暖冬が常態化すれば、雪を使った屋外スポーツは成り立たなくなろう。金谷山スキー場も11日の時点ではオープンしていない。今週はようやく列島に強い寒気が流れ込んできているため、スキー場の雪も増えるかもしれない。滑走可能エリアの拡大に期待がかかる▼昨年はリオ五輪で盛り上がったスポーツ界。次の2020年東京五輪への準備が本格化する中、18年には冬季五輪が韓国・平昌で開かれる。しかし韓国は政情が混迷し、対日関係もぎくしゃくしている▼平和の祭典を1年後に控え、開催国と隣国が冷え切った関係にならぬよう願いたい。

アクション・ゲーム『TowerFall Ascension』がXbox Oneで1月25日配信

November 26, 2017

アクション・ゲーム『TowerFall Ascension』が1月25日にXbox Oneで配信される。 『TowerFall Ascension』は、2014年にPS4とPCでリリースされたアクション・ゲームで、そのローカル・マルチプレーが高く評価された。 関連記事:『TowerFall: Ascension』海外レビュー なお、拡張パック『The Dark World』も同時に配信されるとのこと。 ソース: GameSpot

ももクロ着用の制服や落書き黒板など、劇中道具を展示

November 25, 2017

すべての写真を見る(2件)ももいろクローバーZ主演の映画「幕が上がる」のBlu-ray・DVDが8月5日(水)にリリース。これを記念し、東京・新宿マルイ アネックスでは8月5日(水)から9日(日)にかけて本作の衣装や小道具の展示が行われる。展示されるのはももいろクローバーZの5人が劇中で着用していた制服や、彼女たち自ら落書きした小道具の黒板、劇中のスチールカットパネルなど。また新宿マルイ アネックスでの公開に先駆けて、静岡・プレ葉ウォーク浜北店では同様の展示イベントがすでに開催中。こちらは8月2日(日)までの公開となるため、気になる人はお早めに。

社保加入促進へアクセル/官民協が申し合わせ/「道半ば」の認識共有

November 24, 2017

国土交通省が建設業許可業者の社会保険加入率100%の達成を目指す17年度まで1年余となり、国交省と関係業界団体は取り組みの強化に向けてアクセルを踏む。同省と84の関係団体が参画する「社会保険未加入対策推進協議会」(会長・蟹澤宏剛芝浦工業大教授)は18日、未加入対策の徹底をあらためて申し合わせた。法定福利費を内訳明示した見積書の活用は広がるが、都市部や2次以下の下請の加入率は依然低い。協議会は「道半ば」との認識を共有し、目標達成への決意を新たにした。 申し合わせ文書では「社会保険未加入は許さないとの固い決意を持って社会保険加入を徹底する」と明記。「技能労働者の確保と事業者間の公正で健全な競争環境の構築を目指す」とした。 未加入対策の柱は技能労働者が社会保険に加入するための原資となる法定福利費の確保。国交省は、法定福利費を内訳明示した見積書の活用状況に関する実態調査結果を協議会に提示。11月時点の調査(約3000社が回答)では、下請企業に内訳明示の見積書を提出するよう指導した元請企業は40・6%と前年度より18・3ポイント増加していた。さらに「内訳明示はしないが、法定福利費を含んだ見積書の提出を指導した」との回答を含めると8割に達している。 国交省は「社会保険の加入に関する下請指導ガイドライン」を4月に改定し、内訳明示の見積書の提出を下請企業に対する見積もり条件に明示することを盛り込んだ。すべてまたは一部の見積もり依頼で条件にしている元請企業の割合は全体の56・6%で、ガイドライン改定の効果が初めて確認された。 一方、下請企業が内訳明示の見積書を提出しない理由で最も多かったのは、「注文者(元請企業)から提出指示がなかった」で、68・8%の下請企業に及んだ。 下請企業の従業員が未加入だった場合、「未加入のまま現場入場を認めている」と答えた元請企業は28・7%で、前年の35・7%より減少した。 全国の建設業者約1万4000業者を対象に国交省が実施した15年度の「下請取引実態調査」によると、健康保険の加入率は95・0%(前年度94・7%)、年金は97・5%(同97・0%)、雇用保険は96・2%(同95・8%)と前年度より上がってはいるが、伸びは緩やかだ。未加入企業のうち「今後加入する」と答えたのは52・1%で、依然として4割以上の企業が加入方針を示していない。現在、未加入の企業は東京など都市部の企業や2次以下の下請企業が多いとされている。 主に民間工事を受注している企業の加入促進も鍵を握る。国交省は、来年4月にも民間工事を施工している企業の加入状況調査を実施し、企業別、労働者別、地域別の状況を把握する方針だ。

Naval Assault: The Killing Tide 正式発表

November 24, 2017

505 Gamesは31日、Naval Assault: The Killing Tideを正式に発表しました。 Naval Assault: The Killing Tideは第2次大戦を舞台にした潜水艦アクションで、プレーヤーは連合軍の潜水艦を操り、様々な海域で枢軸国と戦闘を繰り広げる事になります。ステルスとアクションを融合させたキャンペーンには30を超えるミッションを収録し、最大4人でのオンライン・マルチプレーにも対応しています。 Adam Kline (505 Games U.S.、社長): 次世代機初の潜水艦アクションです。アーケードスタイルのアクションとドラマチックな歴史的舞台設定、絶え間ない空と海での激しい戦闘は、何時間にも及ぶゲームプレーを提供するでしょう。 開発を手掛けるのはArtech Studiosで、Xbox 360にて6月15日に発売となります。 [ソース: IGN]

『CoD: Black Ops III』のDLC第一弾『Awakening』が2月2日にPS4先行配信へ

November 22, 2017

Activisionは21日、『Call of Duty: Black Ops III』のダウンロード・コンテンツ『Awakening』を2月2日にPS4でリリースすることを発表した。Xbox OneとPCではその1ヵ月後の配信となる。 初のDLCとなる『Awakening』は、4つの追加マップを筆頭に、第二次大戦を舞台にしたZombiesモードの最新エピソードDer Eisendracheを収録する。 なお、『Awakening』はPS3とXbox 360では配信されない。 ソース: VG247

343 Industries 「Halo Warsは予想以上の大成功」

November 21, 2017

343 IndustriesのFrankie O’Connor氏がHalo Warsについて語っています。 Frankie O’Connor: Halo Warsで面白いのは、我々の予測を上回る売り上げを記録した事だ。予想以上の大成功だよ。批評家からの評価も高く、今世代のゲーム機で最も売れたRTSでもある。 そういう意味では大成功と言えるが、続編をやる気があるか?と問われれば、分からないとしか答えられないんだ。Kinectを使って何か出来るかもしれない。反対する声はないが、現時点では何も進展はないんだ。 [ソース: VG247]

西島秀俊が隣人に竹内結子を希望し、女性客が雄叫び!

November 20, 2017

すべての写真を見る(15件)黒沢清監督のサスペンススリラー『クリーピー 偽りの隣人』(6月18日公開)のジャパンプレミアが、4月26日に丸の内ピカデリーで開催。主演の西島秀俊、竹内結子、香川照之、東出昌大、川口春奈、黒沢清監督がレッドカーペットを歩き、800人のファンの前で舞台挨拶を開催。映画にちなみ「隣人にしたい人」についての質問が。西島が「竹内さんかな」と言うと、会場から黄色い雄叫びや歓声が上がった。西島と竹内は、本作で夫婦役を演じた。竹内は女性客のリアクションを見て「やだ。ごめんなさい」と謝る。西島は「差し入れとかどんどんくれるから」と笑顔で言い、さらに「珍しく専業主婦の役なんですが、これがかわいらしいんです。チャーミングで」とベタぼめだ。西島は「お隣に住んでたら、ごはんとか食べさせてくれるのかなと」と言うと、竹内は「お家でラ王食べたらいいじゃないですか」と、西島がCMをやっている日清ラ王を引き合いに出し、会場は大爆笑となった。竹内は、隣人に川口を希望し「求められれば何でも差し入れします」とラブコール。川口は「東出さん。変なヤツがいたら守ってくれそう」と言うと、東出は「西島さん。守ってくれそうだから」と笑いをとった。香川は黒沢清監督の隣に住んで観察したいと語った。最後に黒沢監督が本作についてアピール。「クリーピーとは、英語で気味悪いという意味です。ここに並んでいる日本を代表する超一流の俳優たちが、腕によりをかけて、気味悪さを追求してます。気品さえ漂う、パーフェクトな気味悪い映画に仕上がっています」。『クリーピー 偽りの隣人』の原作は、第15回日本ミステリー文学大賞新人賞に輝いた前川裕の小説。ある夫婦の日常が、”奇妙な隣人”への疑惑と不安から、深い闇へと引きずり込まれていく。海外では、フランス、イギリス、アイルランド、韓国、香港、台湾、中国、トルコ、ブラジルの9カ国で上映され、海外の映画祭は、ベルリン、香港に続き、現在開催中の第18回ウディネ・ファーイースト映画祭などをはじめ、新たに7カ所の国と地域の映画祭に招かれる。【取材・文/山崎伸子】