Monthly Archive, July 2017

国交省/都内で遮熱性舗装の試走会開く/東京五輪マラソン酷暑対策で試験施工

◇瀬古利彦氏ら太鼓判
 マラソンのレジェンドが「遮熱性舗装」に太鼓判-。2020年東京五輪のマラソン競技の酷暑対策を検討している国土交通省は8月31日、路面温度を引き下げる3種の環境舗装(保水性、遮熱性、排水性)を試験施工した東京都渋谷区の国道246号で、ランナーによる試走会を開いた。元マラソン五輪代表の瀬古利彦氏らが3種の環境舗装と従来の密粒舗装を実際に走ったところ、最も体感温度の上昇を和らげる環境舗装として遮熱性舗装の有効性を強調した。
 都内の最高気温が30度を超えたこの日の試走会では、散水前後で選手の走りやすさや体調にどう影響を及ぼすのかも検証。散水前後両方の環境舗装を走った瀬古氏は「散水に関係なく遮熱性舗装が一番走りやすい」と話し、他の同行ランナーも同調した。
 ただ、瀬古氏はマラソンで遮熱性舗装の唯一の課題として、表面の色が比較的明るく、太陽光がやや目に反射しやすいことを指摘した。
 試走会を視察した丸川珠代五輪担当相は、遮熱性舗装の有効性を確認した上で「(環境舗装の技術)を東京五輪のレガシー(遺産)として世界に広げていきたい」と強調した。田中良生国交副大臣は「(環境舗装を通じ)日本の『おもてなし』を世界に感じてもらいたい」と話した。
 国交省は、今回の試走会を踏まえ東京五輪公道使用競技の環境舗装の実施方針を固める。先行してまとめた骨子では遮熱性舗装の積極採用を打ち出している。

京都のホテルでフォトジェニックな料理で屋内ビアパーティを

すべての写真を見る(5件)リーガロイヤルホテル京都(京都市下京区)では、9/30(土)まで館内にあるレストラン・オールデイダイニング カザにて、「サマーフリーフロー プラス ディナービュッフェ『LOVE CHANPAGNE&BEER!! 2017』」を開催している。
これは、同店人気のディナービュッフェに、シャンパンやビール、ローアルコールカクテルなどのフリーフローをセットにした夏限定のお得なプラン。22種類のドリンクを90分間好きなだけ注文できるフリーフローは平日通常8700円のところ7400円、土日祝は通常9000円が7600円、フリーフロードリンクが17種類のライトプランは平日5400円、土日祝5600円だ。
シャンパンは、ランス・シャンパーニュ地方の都市、ランスで最も古いシャンパンメーカーの一つ「ランソン・ブラックラベル・ブリュット」を用意。上品な酸味とゴールドの泡が真夏の夜をエレガントに彩ってくれる。ほかにもスパークリングワインやワインもそろう。
ビールは、アサヒスーパードライやアサヒスーパードライエクストラコールドのほか、華やかな香りのヒューガルデンホワイトやベルビュークリークなどがある。
ウイスキーやサワーカクテルなど、そのほかのお酒も充実。ローアルコールカクテルやソフトドリンクもあり、お酒に弱い人でも楽しめる。
料理は70種類以上あり、グラスに盛られたオクラと梅の冷製カッペリーニやトマトと香味野菜のクーリ ガスパチョ仕立て、ホワイトアスパラガスとニョッキのグラチネといった見た目も味も目を見張るような料理が並ぶ。思わずSNSに投稿して自慢したくなるフォトジェニックな料理が用意されているので、テンション上がること間違いなし。
シェフが目の前で調理してくれるライブキッチンでは、チキンのロースト ディアボラ風や牛肉のタリアータなどの料理がそろい、デザートには作りたてのアイスクリーム、地元・京都の和束茶を使ったスイーツもあり、バラエティ豊かな味わいに魅了される。
また、期間中、店内も「グリーンガーデニングビア」をテーマにガーデニング装飾やライティングなどの演出がされ、室内ガーデンのようなボタニカルな雰囲気に。今年の夏は緑あふれるスタイリッシュな空間で、涼しくおしゃれに楽しく、天候に左右されない屋内ビアパーティを楽しんでみては。
【関西ウォーカー編集部/ライター鳴川 和代】

国交省/四国整備局長に石橋良啓氏内定/5月16日就任

国土交通省は、三浦真紀四国地方整備局長が勇退し、後任に石橋良啓官房付(前水管理・国土保全局防災課長)を充てる人事を内定した。16日付で発令する。
 石橋 良啓氏(いしばし・よしひろ)京大大学院修了。83年建設省(現国土交通省)入省。関東地方整備局企画部長、水管理・国土保全局防災課長を経て15年4月官房付。奈良県出身、56歳。

Codemastersがマルタ・スタジオを閉鎖、今後はレース・ゲームに専念へ

イギリスのゲーム・デベロッパー/パブリッシャーCodemastersが、『Battle Decks』や『Overlord Fellowship of Evil』を手掛けたマルタの開発スタジオを閉鎖した。

Codemastersは『Dirt』シリーズを筆頭とするレース・ゲームで有名だが、非レース・ゲームとなる『Battle Decks』や『Overlord: Fellowship of Evil』は、どちらも期待するほどの成績を収めることができず、今後はノウハウのあるレース・ゲームに専念する。

なお、マルタ・スタジオに在籍していた11名の開発者は、イギリス内のあるCodemastersのスタジオに吸収される見込み。

Codemastersはゲーム機の世代交代に乗り遅れる格好となり、PS4とXbox Oneでは2015年3月までに『Grid Autosport』と『F1 2014』しかリリースできず、売上高が半減。損失は2000万ポンドに及んでいた。

イギリスを拠点とするCodemastersは、インドの複合企業が所有するReliance Big Entertainmentの傘下で、現在はイギリス国外にもインドやマレーシアにスタジオを構えている。

ソース: Eurogamer

Clash of the Titans 海外レビュー

Clash of the Titansの海外レビューです。

GameSpot 4.5/10

Clash of the Titansは、先の読める独創性のないゲームだ。カスタマイズ可能な武器や神話に基づく豊かな物語といった設定には多大なポテンシャルがあるが、仕上がりは酷くキャンペーンは退屈で、とてもじゃないがこのアドベンチャーに魅力を感じる事は出来ないだろう。Clash of the Titansが真似ようとして失敗した数多くの素晴らしいゲームをプレーしていた方が、有意義に時間もお金もエネルギーも消費出来る。

GameTrailers 4.1/10

Clash of the Titansは、映画ゲームを恐れる理由がまだ存在するという事を証明している。個々の要素を見れば最初はまだまずまずの出来に見えるのだが、全体を見ると時代に逆行した退屈なゲームであり、所詮暇潰しにしかならないだろう。壮大さの欠片もない。

Playstation Universe 4.0/10

たとえ廉価価格であっても、Clash of the Titansはプレーする価値がない。個性、スタイルや中身が一切ない、単調で頭が麻痺するような極めて退屈な作業である。

IGN 3.0/10

Clash of the Titansは、私がレビューする事になった版権ゲームでも最低の出来であるだけでなく、考えうる限りあらゆる面で酷いゲームである。とにかく醜いし、アニメーションとボイス・アクトも最悪で、ほぼ無料で提供すべきゲームである。いや、前言撤回。安くても素晴らしい出来の数多くのゲームに失礼だ。

G4TV 1.0/5.0

Clash of the Titansは、最悪な部類に入る映画ゲームだ。見た目はまるで初期のPS2ゲームのようだし、ゲームプレー・メカニックはハードに関係なく酷い出来だ。本作は軽いRPG要素を盛り込んだGod of Warになろうとしているが、優れたゲームプレーやテンポの良さといった、プレーする価値のあるゲームを構成するありとあらゆる要素において、本作は失敗している。たとえ原作映画が大好きだったとしても、このゲームを手に取る理由は何一つ存在しない。

ポインセチアで華やかに彩られる!「OAPプラザ」のクリスマスイルミをチェック

すべての写真を見る(2件)約20万球のLEDを駆使した豪華なイルミ「Bright Christmas 2009」が開催中の「OAPプラザ」(大阪市北区天満橋1-8-30)では、クリスマスの代表的な花であるポインセチアを使った趣向を凝らした内容に圧倒される。 
LEDを使ったクリスマスオーナメント「聖なる滝」が登場する「Flower Cascade Garden 2009(フラワーカスケードガーデン2009)」。その名のとおり、ポインセチアが滝のように流れる様子を表現したあでやかな装飾が見ものだ。1階の桜広場には、ポインセチアで彩られた約5mのシンボルツリーも設置される。
地下1階のサンクンガーデンも、赤やピンクのポインセチアで美しく彩られる。この様子はまさに「冬のお花畑」! カップルはもちろん、女性同士でも、楽しめること間違いなしだ。
【関西ウォーカー/薮 伸太郎】

清水建設/インドネシアに吹き込む新しい風・上/課題を力に換えて工期短縮

インドネシアで40年以上にわたって建設事業を行っている清水建設。ここ数年、大型案件を相次いで受注し着実に実績を重ねている。現在、ジャカルタ市内で施工しているアストラ・タワー、MRTという建築、土木の大型プロジェクトでは、大幅な工期の短縮や同国では初となるシールド工法の技術移転など、同国の建設市場の可能性を広げる新たな取り組みが試みられている。両プロジェクトの取り組みを、現地で取材した。
(編集部・堀井厚志)

 ジャカルタ市最大のビジネス街・スディルマン地区で建設が進むアストラ・タワー。自動車やバイクの生産・販売を中心とした同国最大の複合企業、アストラ・インターナショナルの本社として建設される同タワーを、清水建設とインドネシア最大の民間建設会社のJVが施工している。

 この工事で指揮を執る清水建設の沖和之建設所長が、最も注力したのが工期の短縮だ。インドネシアは、旺盛な建設需要による技術者不足や、通関業務の不透明さや慢性的な交通渋滞による物流の悪さから資機材の搬入が遅れが常態化し、工期の遅れは当たり前という状況にある。アストラ社側の工事責任者であるプロジェクト・ダイレクターのシャーリー・ソーさんが「正直、最初は達成がかなり難しいチャレンジだと思った」と言うように、同国では工期短縮への意識も薄い。

 中国企業や韓国企業が低コストを武器に受注競争を優位に進める中、沖所長は「目に見える形で当社が施工することの強みを示したかった」と、着工前に18年3月末までの契約工期を半年短縮することをアストラ社に提案した。

 技術者不足に対しては、国際支店を通じてアジア各国から技術者を招集することで解消。一方で最大9カ国の技術者が一緒に働く現場では、言葉によるコミュニケーションが課題となったが、打ち合わせへの画像の多用やSNS(インターネット交流サイト)を活用した現場での連絡体制の確立などで、コミュニケーション不足を解消。コミュニケーションの問題が解消されると、専門分野のエキスパートがそろう多国籍集団は、それぞれの分野で大きな力を発揮し、作業の効率化が一層進んだ。

 物流の問題に対しては、先の工程で必要になる設備や資機材を早めに調達し、躯体資材は1階のヤードに、仕上げ資材は地下にいったん保管。必要なタイミングで各施工階に供給するダブルプラットフォームコンセプトを取り入れた資材の供給手法を採用した。資材供給の円滑化が図られると、仕上げ工事にも早期に着手可能となった。このため外装のカーテンウオールは躯体とほぼ同時に立ち上がっていった。

 アストラ・タワー周辺では、アストラ社が同タワーと一体で開発している3棟の高層ビルが並ぶが、地元企業らが施工する3棟のビルと比べると、同じく上棟の段階であるにもかかわらず、見た目の美しさの違いが一目瞭然。日本企業の技術力と施工管理能力の高さを示している。

 上棟の段階で既に目標とする6カ月の工期短縮は実現しており、今後は仕上げ工事の進ちょくへ、資機材の円滑な調達がポイントになる。

 20日に開かれた上棟式後の記者会見でシャーリーさんは「テナント募集などビルのコマーシャルに早期に取り掛かれ、発注者にとっても大きなメリットがある」と清水建設の取り組みを賞賛。インドネシアの建設市場に、工期短縮という新しい価値を与え始めている。

こんな専門店があったら怖い!?奇妙な自殺用品専門店って?

すべての写真を見る(15件)耳かき、抱き枕、食品サンプルなど、世の中には一風変わった専門店が多くある。だが、もし自殺のための道具ばかりを扱う専門店があったとしたら。そんな想像を描いてしまったフランスのアニメ映画『スーサイド・ショップ』が9月7日(土)より公開される。
本作に登場する専門店が扱っているのは、たった3秒で死に至る猛毒、丈夫な首吊り用の縄と踏み台のセット、あらゆる口径に対応した銃弾一式といった自殺グッズ。品質には絶対の自信を持ち、うまく死ねなかった場合は全額返金という手厚いサービス(!?)まで付いている。絶望したら潔く死んでしまうのが得策と訴え、そのためのお手伝いをするのが、この自殺用品専門店というわけだ。
一見シリアスな題材を扱っているように思える本作だが、実は思わず吹き出してしまう場面も多いブラックコメディ。自殺用品専門店を営むネガティブ一家に、超ポジティブな男の子が生まれることで、少しずつ家族の考え方が変わっていく様子を描いている。死すらも金でやり取りされる世界を皮肉りながら、あくまでもコメディタッチで前向きなメッセージの込められた作品と言えるだろう。
『髪結いの亭主』(90)や『ぼくの大切なともだち』(06)で知られるパトリス・ルコント監督による初のアニメ作。ミュージカル風の演出も交えながら、絶対的なタブーに挑戦したブラックコメディをご堪能あれ。【トライワークス】

西梅田の新名所「ブリーゼタワー」にメッセージが浮かび上がる

すべての写真を見る(2件)10/3(金)にグランドオープンを迎える商業施設「ブリーゼタワー」の建設工事が完成し、8/5(火)に竣工式が行われました。
その前夜、ブリーゼタワーに彩を添える世界的照明デザイナー・石井幹子による「光の演出」の初公開となる点灯式が公開。光による照明と、最新のLEDによる特殊カラー投光照明が組み合わされた点灯式の夜にふさわしい、エレガントな光の演出だ。19:30、石井幹子、中本逸郎[(株)サンケイビル 代表取締役社長]、島津れい次[(株)島津商会 代表取締役]の3名により、スイッチを点灯!”Media Light Splash”と名付けられたビル上部の照明デザインにうかび上がってくるのは七色の光の輝き!この上部の照明は、季節などに応じてさまざまな彩を与えていく予定となっている。春はグリーン、夏はブルー、秋は黄色といったさまざまなカラーで季節感をだし、都会にいるとあまり感じられない季節感を感じてほしいという石井氏の思いがこめられている。さらにビルに浮かび上がってきたのは「OSAKA GENKI」というメッセージ。点灯式の為だけの特別なメッセージだ。大阪が活性化して街全体、人が元気になってほしいという願いである。
「光を担当することになり、大変光栄に思います。またこの光のメッセージが大阪の何百万人という方々に届くことを心から願っております。そして街の新しい顔として皆様に愛されればと思います。大阪は元々元気のある街ですから、さらにもっと元気になって、皆様に夢をもっていただきたい」と、石井氏。このメッセージと光の輝きにより、一段と西梅田が明るく見えた。夜景スポットとしてもこれからの新名所になりそうなので、「ブリーゼタワー」のオープンが待ち遠しい![関西ウォーカー/永岡愛衣]

三井住友建設/プレキャスト部材接合部の配筋作業を省力化/継ぎ手端部を拡径加工

三井住友建設は7日、プレキャスト(PCa)部材接合部の配筋作業に、端部を円すい台形状に加工した鉄筋継ぎ手を用いる「Trunc-head(トランクヘッド)工法」を、片山チエン(大阪府東大阪市、片山知紀社長)と共同で開発したと発表した。通常の鉄筋継ぎ手に比べ、定着長(継ぎ手長さ)を短縮でき、部材のコンパクト化が図れる。ループやフック形状の継ぎ手に比べて補強鉄筋の配筋が容易になるため、熟練工が不足する中、省力化による現場の生産性向上につながることも期待される。
 プレストレスト・コンクリート(PC)床版を接合する際、通常の鉄筋継ぎ手では、引っ張りに対する応力が鉄筋と接合部のコンクリートとの間の付着力しか働かないため、定着長の長さが必要になる。今回開発した工法では、鉄筋とコンクリート間の付着力のほかに、円すい台形状に広げた鉄筋継ぎ手端部に、コンクリートとの支圧力が加わるため定着長を短くできる。このため、現場での場所打ち部を小さくできる。
 さらにループやフックの形状に加工した鉄筋の場合は、ループなどの内側に補強鉄筋を挿入する必要があるが、新工法ではこの手間がなくなる。配筋作業やコンクリートの充てんも容易になり、施工の効率化と品質の向上につながる。
 開発に当たっては、高速道路橋などの床版工事への適用を目的に、同社技術研究所での床版試験体曲げ試験と、高速道路総合技術研究所での輪荷重疲労走行試験を行い、従来工法と同等の性能であることを確認した。
 今後は新設のPCaPC床版工事のほか、大規模インフラ更新事業での老朽コンクリート部材の取り換え工事などへの適用に向け、積極的に提案していく方針だ。