Category Archive '一般ニュース':

ジャスティン・ビーバーのマネージャーがグラミー賞を批判!

すべての写真を見る(4件)現地時間12月5日に第55回グラミー賞ノミネーションが発表されたが、全くノミネートされなかったジャスティン・ビーバーのマネージャー、スクーター・ブラウンが、怒りのツイートを投稿している。
「僕は、ただ納得できない。ビーバーは(ノミネートに)値する。グラミー賞は、今回ばかりはしくじった。一番難しいのは、移行することで、走り続けることなんだ。彼はそれを果たした。大ヒットアルバムと、ソールドアウトのツアーで、人々を魅了した。今回は彼が認められても良いと思う。賛成できない決定に関しては、僕は何一つポジティヴなことを言うことができない。ノミネートされた皆さん、君たちはそれに値する。それを勝ち取るために、一生懸命に働いたから。だけど、ビーバーもそれは同じだと僕は感じる」というツイートの内容を英BBCニュースが伝えている。
ジャスティンのファンも、彼がグラミー賞から完全無視されたことにネットで反応しているようで、「グラミーがあなたの才能を決めるわけじゃないわ。過去3年間に自分が成し遂げたことを振り返って。あなたを誇りに思うわ」「マイケル・ジャクソンは22歳になるまでグラミー賞をもらわなかった。気にすることないわ」などのツイートが投稿されているという。【UK在住/ブレイディみかこ】

PSY 12月1日カムバック

今やワールドスターとなったPSYが、12月1日にカムバックすることが明らかになりました。

PSY

PSYの所属事務所であるYGエンターテインメントは3日、公式ブログを通してPSYのカムバックを発表しました。ブログにアップされたイメージには、PSYのイラスト共に”PSY NEW ALBUM 2015.12.01”の文字が。約2年7か月ぶりに新曲を発表することを明らかにしました。

PSYは国内だけでなく、今や全世界が認めるスター。Billboardのシングルチャートでも7週連続で2位を獲得した記録があるほどです。今回の新曲にもさらに期待が高まります。

『Destiny』拡張パック第一弾『The Dark Below』が12月9日配信へ、価格は19.99ドル

『Destiny』最初の拡張パック『The Dark Below』を12月9日にリリースすることをBungieが発表した。価格は19.99ドルで、34.99ドルのシーズン・パスの対象となっている。

『The Dark Below』では、新たなアーマーや武器などの装備品、レジェンダリー/エキゾチック・アイテムを追加する他、光レベル・キャップが32に引き上げられる。

更に追加のストーリー・コンテンツも収録されており、こちらはTowerの住人Erisを介して請け負うことができる。Crotaと呼ばれる神を召喚して地球を滅ぼそうとするHiveとの戦いを描く。

それ以外には、新たな協力プレーStrikeのThe Will of Crotaや6人プレー・レイドCrota’s End、そして対戦用エリアを3つ収録する。

なお、PSプラットフォームには協力プレーStrikeの独占ミッションThe Undying Mindが追加される。

ソース: IGN

Shank プレビュー

横スクロール・アクションShankの最新プレビューがGameSpotに掲載されています。

血生臭い暴力描写がなかったら、Shankはカトゥーン・ネットワークの番組をゲーム化したようなゲームになったかもしれない。だが、God of Warシリーズの脚本家であるMarianne Krawczyk氏と、「アトミックベティ」の元ディレクターでベテラン・アニメーターのJeff Agala氏がクリエイティブ・リードを務める本作は、残虐な復讐の物語と、スタイリッシュなコミックらしさをパーフェクトに融合している。プロダクト・マネージャーのAlex Charlow氏はタランティーノの映画の影響も認めているが、アクション的にはDouble Dragonのような横スクロール・格闘アクションの伝統を復活させようとするものだ。

我々が今回プレーしたデモでは、バンダナを巻いたヒーローShankが敵を倒しながら精肉工場を突き進んでいくと、最後には鎖の先にフックが付いた武器を振り回す巨体ボスButcherが待ち構えている。アート・スタイルは目を見張る仕上がりで、アニメーションもスムーズ。デモの色彩は抑えられたクールなものだが、製品版ではより色鮮やかになるとの事だ。ボスに辿り着くまでの道中には、プラットフォーム・アクションの合間に刺客や犬などの敵が登場。ジャンプや壁走り、スパイク越え、迫ってくるローラーなどのプラットフォーム・アクションは、比較的軽めで易しいものばかりではあるが、例えばスパイクだらけの穴を飛び越える瞬間などにスローモーション演出を挿入する事で、ジャンプのタイミングを計りやすくなっている。

だがゲームの中心は格闘アクションで、Shankは2丁拳銃やナイフ、チェンソー、グレネードを装備している。ステージ上にも武器は落ちているそうだ。武器は各ボタンに振り当てられ、遠隔攻撃と近距離攻撃を組み合わせた、複数武器によるコンボがやりやすくなっている。

それぞれの武器には独自の動作があり、スティックを倒した方向で攻撃が決まるようになっている。例えば2丁拳銃なら腕を交差して2方向に攻撃が出来るし、ジャンプ中に下に向けて撃つと、空中に少しだけ留まる事が出来るのだ。敵は、雑魚でさえアグレッシブで手応えがある。同じ攻撃をひたすら繰り返すよりも、武器を切り替えて攻撃する方が効果的だ。Charlow氏によると、製品版にはコンボ・カウンターが存在し、リーダーボードにも対応しているとの事だ。

デモ最後のボス戦では、吊り下げられた豚にButcherのフックを引っ掛けて動けなくし、背中に飛び乗って鎖を首に巻きつけた。鎖で首を絞めて首をねじ切るのはそれだけでも充分凄まじいが、これが黒と赤のシルエットだけで描かれるのだから更に印象的だ。

2人協力プレーは当然あってしかるべきと思われるが、今のところ協力プレーが存在する様子はない。とはいえ、Alex Charlow氏はマルチプレーに関しては「あとのお楽しみ」というスタンスを取っている。独立系スタジオKlei EntertainmentがEA Partnersと提携して送り出すShankは、Xbox 360、PS3、PCにてこの夏に配信予定。

[ソース: GameSpot]

Killzone 3 正式発表

Guerrilla Gamesがアムステルダムでプレス・イベントを開催し、Killzone 3を正式に発表しました。

人気SFシューターのシリーズ最新作となるKillzone 3は、敵の種類を大幅に増やし、広大な環境を実現、多彩な地形が登場するという。ジェットパックも新たに登場し、一定時間空を飛べるようになった事で、今までは辿り着く事が出来なかった場所にも移動する事が出来るように。3Dへの対応も明らかにされています。発売時期は未定。

[ソース: Joystiq, GameSpot]

痩せやすい体は「進撃の巨人」のミカサが手本!

すべての写真を見る(4件)巨人と戦う迫力のアクションシーンが繰り広げられる「進撃の巨人」。細くしなやかなボディに立体起動装置を身につけ、空中を自在に飛び回り、巨人との戦いに挑むキャラクターたち。”進撃”キャラのような完璧ボディに近づきたい。そんな乙女の願いを叶えるヒントは、肩甲骨と首まわりにあるようだ。パーソナルトレーナーの高橋義人先生によると、「ストレッチは筋トレや有酸素運動に比べて痩せないんじゃないか、と思われがちですが、そんなことはありません!特にポイントは肩甲骨まわりと首まわり。ここは筋肉の数十倍の熱を生み出す褐色脂肪細胞が一番多い場所。凝り固まった筋肉をストレッチでほぐし、肩甲骨の位置を正しい位置に戻せば、それだけで脂肪が燃焼しやすい体になれるんです。体の筋肉がやわらかいと全身の血流も良くなります」とのこと。そこで今回は、「進撃の巨人」のミカサを手本に、痩せやすい体をつくる3つのポイントを紹介。たるんだ巨人ボディをリセットしよう!
<姿勢を”うしろ肩”にする!>
すっと伸びたりりしい背筋。”うしろ肩”とは、肩が後ろにストンと本来の位置に戻った状態のこと。肩甲骨まわりがどんどん熱を生み出せるようになり、脂肪が燃えやすい体に!
<首を冷やさない!>
“うしろ肩”との相乗効果で褐色脂肪細胞が刺激され、ますます脂肪燃焼力がアップ!ちなみに頭痛や慢性疲労などの不調も首の冷えが大きな原因。首の温め効果は絶大!
<体をやわらかくする!>
自在に空中を飛び回るしなやかさは脂肪燃焼の要。体がやわらかくなると正しく筋肉が使えるようになり、血流も良くなって代謝が上がり、痩せやすい体に。血管年齢も若返る!
【東京ウォーカー/記事提供=シュシュアリス】
※記事の内容は、妄想ガールなライフスタイルマガジン「シュシュアリス」から一部抜粋、再構成したものです

アニメ「三者三葉」第5話、葉子の代理でメード?

すべての写真を見る(10件)TOKYO MXほかで放送中のアニメ「三者三葉」(毎週日曜夜0:00-0:30ほか)の第5話『もうこはんはもうないんですね』のシーンカットとあらすじを紹介する。
本作は、女子高生仲良し3人組を取り巻く日常を描いたドタバタ・スクールコメディー。大食いの小田切双葉、元お嬢様の西川葉子、腹黒い葉山照。生まれも育ちも性格もまったく違う3人だが、なぜか気が合った彼女たちは、周囲の人々を巻き込みながらも明るく楽しい学校生活を送っていく。
【第5話あらすじ】ついに始まった、待ちに待った夏休み!葉子・双葉・照の3人で遊びに来たものの、疲れで眠ってしまう葉子。そんな葉子に代わってバイトの手伝いをする事になったのは…。
なお第5話は、TOKYO MXより5月8日(日)深夜0時から順次オンエアとなる。
また、ニコニコ生放送では5月8日(日)夜10時より「『三者三葉』1話~4話振り返り上映会」が決定。まだ見たことのない人も、すでに何度も見ている人もチェックしよう!

EXOベッキョンの衣装が変だと話題に…

新曲「Growl」で活動中のEXOですが、ベッキョンの衣装がおもしろすぎると話題になっています。その衣装は8月9日放送のKBS 「ミュージックバンク」で披露されました。白・黒・赤を基調とした衣装でかっこよく踊っているメンバーですが、ベッキョンは漢字の「変」と書かれたTシャツを着用しています。メンバーの中でこのような漢字が書かれた衣装を着用しているのはベッキョン一人だけで、かなり目立っています「変」Tシャツを着用しているベッキョン

一方で番組収録に向かう途中、すでにこの「変」Tシャツを着用している姿がファンにより撮影されており、インパクトのあるTシャツだと話題になっていましたが、ファン達もまさか衣装だとは思わなかったようで、「ミュージックバンク」放送後には「まさかとは思ったけど衣装だったのか!」「ベッキョンは意味を知ってて着ているのだろうか?」と話題になっています。収録に向かうベッキョン

ネット上では…

・中国人メンバーは漢字の意味を教えてあげたのかな?

・スタイリストによるイジメではないのか?

・Tシャツが目立ちすぎて他のメンバーが目に入らない(笑)

・その衣装でかっこよく踊られても…

・おもしろすぎる!ベッキョン=変な子(笑)

・よりによって「変」って(笑)他にカッコイイ漢字あるでしょ

…などの意見があるようです。

aikoが歌う「聲の形」の主題歌「恋をしたのは」のPVが解禁

すべての写真を見る(13件)現在大ヒット上映中の劇場アニメ「聲の形」から、主題歌「恋をしたのは」のPVが解禁されました。
本映像で流れる主題歌は、原作「聲の形」のファンであるaikoさんがみずから手掛けた新曲。不器用で、もどかしくて、でも伝えたいことがあふれている将也と硝子の物語に思いを馳せることができます。
先日公開前に行われた完成披露上映会での舞台挨拶時には、aikoさんは登壇者に宛てた手紙で次のようにコメント。
<aikoさんのコメント>「恋をしたのは」は愛する人を想う心の底にある誰にも言えない位揺るぎない強い想いを書きました。心の中は計れないし、痛みや喜び全てを同じ気持ちで感じることはできないからこそ、想う強さを書きたかったんです。
劇場アニメ「聲の形」は、「このマンガがすごい!2015」オトコ編第1位や、第19回「手塚治虫文化賞」新生賞を受賞した大今良時さんの漫画が原作。監督はテレビアニメ「けいおん!」で初監督を務め、「たまこラブストーリー」(2014年)にて文化庁メディア芸術祭 アニメーション部門新人賞を獲得した、京都アニメーションに所属する山田尚子さんです。 

全ての追加コンテンツを同梱する『Destiny: The Collection』が9月20日発売へ

Activisionは15日、全ての追加コンテンツを同梱する『Destiny: The Collection』を9月20日に発売すると発表した。価格は59.99ドルで、対応機種はPS4とXbox One。旧世代機では発売されない。

『Destiny: The Collection』には、本編を筆頭に、拡張パック『The Dark Below』『House of Wolves』『The Taken King』、そして同じく9月20日に配信される最新拡張パック『Rise of Iron』も収録される。なお、デジタル版を予約すると、20日を待たずして『Rise of Iron』以外の配信済み拡張パックへのアクセスが可能となる他、キャラクター・ブーストも提供される。

一方、8月16日をもって大型アップデートや追加コンテンツの配信が終了となる旧世代機版のユーザーは、デジタル版『Destiny: The Taken King』を所有していれば、2017年1月31日までは40ドルで『Destiny: The Collection』への移行が可能となる。

ソース: GameSpot