強い赤ちゃんの好奇心をクロールのような

座ったり横になって、視界がやや拡大したが、刺激を得ることはまだ十分ではありません。クロールが非常に大きく、思考、言語と想像力が自然に改善する能力を開発してきた刺激からポイントツーフェイスまで、静的から動的に姿勢の前に視聴覚歩くの範囲を拡大することが、子供ができなくなります。爬虫類の脳を助長している脳の発達の観点か??らも、小脳を助長している。視界を広げ、脳が刺激によって強化するだけでなく、小脳のバランスと接触する反応を訓練されます。爬虫類は、幼児期の子どもたちが把握することができるスキルの活動の範囲を拡大するのが最も安全です。上昇、スタンド、ロール、ラインの脳の熱意を動員し、鼓舞するアクションのこのシリーズを忍び寄る。赤ちゃんの脳の発達のこの段階のためのかけがえのない特別な役割を果たしている。研究データがあります。クロール、バッククロールが赤ちゃんをクロールし、マルチアクションの動作は、より高感度、より良い調整、知識のための賢明な速い、強い喉の渇きです。こんにちはクロール赤ちゃんより重要な遅滞、低気分、調整不足ではなく、新しい人、新しいことと恋の接触なし。電源を登る腕の強さから出発し、いくつかの両親が生まれた私たちの赤ちゃんが登るしないことを言う練習をすることは困難ではない、あなたが道を歩いていく。羅襄陽は、診療所には、いくつかの子供たちがクロールすることなく歩いていく必要がないと述べた。赤ちゃんは、明らかにちぐはぐな状況が速やか子どもの正常な発達に影響を与える、健康診断を求めるべき行動を維持してきた場合は、このような状況に遭遇し、親は慎重に観察する必要があります。子どもの発達プロセスは、そのような法律を登る8座る7先人をまとめ、いくつかの親が言うかもしれない:私は赤ちゃんが何かが足りないかわからない、と今では登ることはありません。

Categories: 一般ニュース

Leave a Reply