Might & Magic Clash of Heroes 正式発表

December 11, 2017

Ubisoftは11日、Might & Magic Clash of HeroesをXbox LiveアーケードとPSNにて配信する事を発表しました。 Might and Magic Clash of Heroesは、昨年夏にDSで発売され高い評価を受けたターン制パズルRPGの移植作で、グラフィックをHD化し、最大4人でのオンラインプレーにも対応。開発はCapybara Gamesが手掛け、今年の夏に配信の予定。価格は未定です。 Romain de Waubert de Genlis (シニア・プロデューサー): 我々は、Might & Magic Clash of HeroesをXBLAとPSNに提供できる事にとても興奮しています。グラフィックを全てHDにしただけではなく、シングルプレー・バトルとキャンペーンにおけるゲームプレーを、より改善する機会に恵まれました。コミュニティからの多くの要望を考慮した結果、XBLAとPSNのオンライン機能をフル活用して、プレーヤー同士がストラテジーのスキルを競い合う事が可能となっています。 [ソース: Teamxbox]

Mister Chiefが『Halo 5』のREQシステムを解説する動画が公開に

December 10, 2017

『Halo 5: Guardians』のREQシステムを解説する動画をMicrosoftが公開している。 REQとは、武器やアーマー、スキン、暗殺アニメーションなどのアンロック・アイテムで、マッチをプレーすると獲得できるREQポイントを消費することで、REQパックを購入することが可能となっている。 REQパックに収められたREQカードには、恒久カードと使い切りカードの2種類が存在し、アーマーやヘルメットといったゲームプレーに影響しない表面的なアイテム、アサルト・ライフルやピストルといった武器は前者、乗り物や特殊武器、XPブーストなどは後者に属する。 ゲーム・バランスを保つため、Arenaモードでは表面的なアイテムのみが使用可能だが、Warzoneモードでは全てのカードが開放される。マップ上に点在するREQステーションでカードを使用することで、乗り物や特殊武器などをスポーンさせることができるが、マッチ中にカードごとに設定されたエナジー・レベルを消費することが条件となっている。更に、各カードにはエナジー・レベルの他にREQレベルも設定されており、マッチ中の成果に応じたレベルのカードのみ使用可能にすることで、序盤に強力な使い切りカードを消費することによるバランスの崩壊を防いでいる。 なお、使い切りカードは売却してREQポイントに還元することもできる他、REQパックは課金での購入も可能になる。 ロンチ時には1000以上のREQが用意され、それ以降にも100以上を追加する予定があるという。 REQカードにはレア度なども設定されている

3保証/4~6月の建設業景況、全地区で悪化傾向/7~9月は悪化傾向「やや強まる」

December 9, 2017

北海道、東日本、西日本の公共工事前払金保証事業会社3社は20日、四半期ごとに行う建設業景況調査の16年度第1四半期(4~6月)の結果を発表した。2415社(回答率89・7%)が回答。地元建設業界の景況感を示す景況判断指数(BSI)は、前期(1~3月)のマイナス15・5からは1・0ポイント改善したが、7期連続で悪化傾向となった。次期(7~9月)は悪い傾向がやや強まり、BSIはマイナス17・5と今期より3ポイント低下する。 受注総額に関する4~6月のBSIはマイナス12・0(前期比2・5ポイント改善)。うち官公庁工事がマイナス14・5(2・5ポイント改善)、民間工事がマイナス9・0(0・5ポイント改善)となった。いずれも前期よりやや改善したが、次期は再び減少傾向が強まる見通しだ。 中でも官公庁工事の受注総額のBSIを見ると、政府が指示した16年度公共事業費の8割程度を9月末までに前倒し執行する影響は、現段階で次期見通しを含め限定的になりそうだ。 資材価格に関するBSIは、プラス幅が前期の8・5から2・0ポイント上昇した。アンケートでは、価格が上昇した主な資材として「生コン・セメント」「棒鋼」「コンクリート二次製品」を挙げる回答が多かった。 労務に関するBSIを見ると、次期も含め建設技能労働者の確保は困難傾向、建設技能労働者の賃金は上昇傾向が続く見通しだ。 4~6月の地元建設業界の景況感に関するBSIを調査対象全9地区別に見ると、最も低かったのはマイナス21・5の北陸。その主因として、昨年4月に長野~金沢間で開業した北陸新幹線建設事業の工事が急減したことを挙げている。現在は北陸新幹線金沢以西区間の工事が進んでいるが、次期のBSIは今期よりさらに悪いマイナス24・5まで下がるとみる。 東日本大震災の被災7県(青森、岩手、宮城、福島、茨城、栃木、千葉)の地元建設業界のBSIは、前期のマイナス0・5から11・0ポイント下がり、大幅に悪い傾向が強まった。次期は悪い傾向がさらに強まる見通しだ。

元気なチビッ子のママ必見!悟空と同じ”亀仙流”のポンチョが発売

December 8, 2017

大人気アニメ「ドラゴンボール」に登場する”亀仙流の道着”をイメージした「DRAGON BALL 亀ポンチョ」(3132円)が、2017年4月より全国の「ジャンプショップ」で販売される。作中の道着と同様に、胸と背中に「亀仙流」の”亀”マークがプリントされたこの商品は、オレンジ色が鮮やかなキッズ用のポンチョだ。サイズはSとMの2種類。すべての写真を見る(2件)普段、着替えを嫌がる子供でも、亀仙人に弟子入りしたような気分になれるこのポンチョなら喜んで着てくれそうだ。また特徴的な”亀マーク”やオレンジカラーが目立ちやすいので、迷子になりやすい場所や視界が悪い時にも着せたい。折りたたんでまとめられる”きんちゃく袋”が付くので、コンパクトな状態にしてバックやリュックサックの中に入れておけば持ち運びも便利だ!元気なチビッ子にピッタリな「DRAGON BALL 亀ポンチョ」。ただし、着ても”かめはめ波”を放てるわけではないので、その点はあらかじめ理解させておこう!【東海ウォーカー/淺野倫孝】

ユン・サンヒョンとMayBee夫婦に第二子誕生←2人目も女の子

December 7, 2017

俳優ユン・サンヒョンと歌手MayBee夫婦に、第二子が誕生し話題になっています。 21日、ある放送関係者が韓国メディアTV REPORTに「ユン・サンヒョン、MayBee夫婦に今日女の子が生まれた。」と明かしました。これに関して、ユン・サンヒョンの所属事務所MGBエンターテイメントは「今日の午前、MayBeeが3.16kgの健康な女の子を出産しました。現在母子ともに健康な状態です。ユン・サンヒョンさんをはじめとする家族のみんなが、新しい家族の誕生にとても喜んでいます。」と伝えています。 ユン・サンヒョン、MayBee夫婦 ユン・サンヒョン、MayBee夫婦 ユン・サンヒョンのInstagram 21日、ユン・サンヒョンは自身のInstagramを通じて「今日、2番目のお姫様がこの世に誕生されました。」とMayBeeが出産したことを伝え、生まれたての次女の足の写真も公開しました。 ユン・サンヒョンが公開した次女の写真 ユン・サンヒョン、MayBee夫婦の公式挨拶 「祝福してくださった多くの方々に感謝いたします。これで2人の娘の親になったので、より大きな責任感を持って幸せな家庭を築いていけるよう、努力いたします。」と感謝を伝えました。 ユン・サンヒョン、MayBee夫婦のこれまで ユン・サンヒョンとMayBeeは、2015年2月8日に結婚式を挙げ、同年の12月に長女のナギョムが産まれました。2016年1月には、2人目を妊娠したという知らせがあり、当時、所属事務所MGBエンターテイメントは「ユン・サンヒョン、MayBee夫婦が2人目を妊娠したことは本当です。5月末が出産予定日となっています。」と明らかにしました。 韓国のネット上では・・・ ・ おめでとうございます。生まれた2人の娘が、パパとママの良い遺伝子を受け継いでいたら、とってもかわいいだろうねw ・ MayBeeお姉さんがラジオをしてたのが昨日のようなのにㅠおめでとうございます! ・ おめでとうございます~ ・ 2人に似てるんだろうなぁ~ ・ 長女を出産してからあまりたってないと思ったんだけど…2人目…早いね ・・・など様々な意見があります。

4府県が下請次数制限/実質施工しない企業の排除も/都道府県発注工事、国交省調査

December 5, 2017

国土交通省は都道府県を対象に、発注工事の下請を一定次数までに制限する取り組みの実施状況をまとめた。5月の調査時点で4団体が下請次数を制限し、2団体が導入やモデル工事を予定。総合評価方式の入札で次数制限に加点する団体もあった。実質的に施工しない企業を排除するため、工事の主要部分の自社施工を入札の原則にする団体もあった。今後も地域維持や災害時対応などの観点から、行き過ぎた重層化を是正し、管内業者が持続的に活動できる環境整備が進みそうだ。 下請を過度に重層化すると、間接経費の増加を招き、生産性の低下や労務費へのしわ寄せといった課題が生じる一因になると指摘されている。このため国交省は直轄工事を対象に、施工体制台帳の備え付け状況や下請契約の締結状況などの点検を実施している。 国交省は都道府県を対象に、下請次数の制限や現場の施工体制点検などの実施状況を調べた。その結果、福井、京都、鳥取の3府県が下請次数を原則として土木工事で2次まで、建築工事で3次までに制限。新潟県は、特殊な技術が不要で地域の安全・安心の確保に関わる土木工事(地域保全型工事)は2次までにしていた。このほかに2団体が次数制限の導入を検討中、モデル工事を実施予定と回答した。 長崎県は総合評価方式の入札で、建築工事は3次以内、建築以外の工事は2次以内にすることを誓約すると加点。京都府は自社施工率などを評価して加点する仕組みを導入していた。 通常、元請業者には地域要件が設定されるが、下請業者にはない。「下請を2次までに制限すると県内業者に納まる」との見方もあり、管内の仕事は管内の業者が責任を持って取り組む体制を築くことにつながるという。 国交省が10~12月に実施する施工体制の一斉点検に合わせて現場の施工体制点検に取り組む都道府県も多く、点検の頻度を増やしたり、下請工事の検査状況や下請への支払い状況を確認したりする団体もある。 実質的に施工に携わらない企業を排除する取り組みも目立つ。受注者に契約時などに施工体制に関するチェックリストの提出を義務付けたり、工事の主要部分は自社施工することを原則に入札を公告したりしている。建設業者向けに、一括下請の禁止など建設業法の法令順守に関する説明会を実施する団体もある。 国交省は実質的に施工しない企業を施工体制から排除するため、一括下請を禁止する法令順守の指導を徹底するとともに、実質的関与の判断基準を明確化して通知を出す予定だ。

MBLAQイ・ジュン、何事にも頑張り過ぎて最新映画の監督にも心配される

December 4, 2017

MBLAQのイ・ジュンが映画『俳優は俳優だ』に出演し話題となっています。映画『俳優は俳優だ』 ジュンが出演する『俳優は俳優だ』は10月24日に公開を控え、10月17日にはイ・ジュンとシン・ヨンシク監督がラジオ番組『コン・ヒョンジンのシネタウン』に出演し、映画にまつわるエピソードなどを披露しました。ラジオ番組『コン・ヒョンジンのシナタウン』にて トークの進む中、監督が「イ・ジュンについて一番心配だったのは、何でも一生懸命すること」と発言し、「普段ステージ上でもバラエティ番組でも最善を尽くしていて、全身で歌い自分の魅力を見せるんですが、それが心配でした。今回の映画の撮影現場では強度の高いアクションシーンが多くて。相手役に殴られる時も、顔の向きを少しひねるくらいでいいんですが、全身をひねっていましたね。適度にしてもいいのに、全くそんなことはなかったんです」とイ・ジュンの努力振りを明かしました。ラジオ番組『コン・ヒョンジンのシネタウン』にて 韓国のネット上では… ・一生懸命だしすごく面白い!『ラジオスター』のMCも似合う気がする~ ・イジュンは正直で、金銭感覚もしっかりしてるし性格が良くて大好き。 ・イジュンは何でも一生懸命するスタイルだから、映画でも演技が上手くできたんじゃないかな。 ・監督までこんな風に言うくらいだから、本当に一生懸命で演技もできて誠実なのが分かる。イジュンはすごい!ダメ出しする人はいると思うけど、予告編も想像以上だし映画がとっても楽しみ! ・映画を見たら結果が分かるはず…。 …などの意見があるようです。 監督が明かすように イ・ジュンはバラエティ番組でも計算ではなく体当たりで一生懸命やり過ぎる傾向があり、バラエティ番組『スターゴールデンベル』に出演した際、当時2AMのグォンの「カプ」という面白おかしいダンスや仕草が大流行していた時期で、それに負けじとイ・ジュンも大きく開脚してみせるものの、あまりの勢いにズボンの真ん中が破れてしまい、他の出演者にタオルケットで隠してもらい慌ててはけ話題となりました。『スターゴールデンベル』にて また、トーク番組『ラジオスター』で、MBLAQが『戦争だ』という歌で活動していた当時のエピソードを話した時、「歌番組に出演する際ファンや見ている人のためにもパフォーマンスを変えなくては」という思いからいろいろと工夫し、銃に撃たれて倒れ膝をつく振り付けのところを、次第に派手にアレンジし、そんな中生まれたのが若干瞳が揺れ動いていたところを完全に白目にするというパフォーマンスで、一生懸命頑張り過ぎと話題になりました。『ラジオスター』にて

CRAYON POP、ヘルメットをかぶらないと…

December 3, 2017

ヘルメットとジャージ姿にコミカルなダンス。その独自のコンセプトが特徴的なCRAYON POPですが、トレードマークのヘルメットなしでは、なかなかCRAYON POPだと気づいてもらえないようです。CRAYON POP CRAYON POPのメンバー達が番組でヘルメットをかぶらずに買い物に出かけますが、同じ店内にいたお客さんたちは全く気づきません。ウェイが「私達、ヘルメットをかぶらないと誰も気づかないのよ」と言うと、番組スタッフが「本当に誰にも気づかれないの?」と聞き返しましたが、ウェイが「ご覧の通り」と誰も気付かない様子が話題となりました。CRAYON POPに気付かない買い物客 アイドルとしては、少し残念なようにも取られがちですが、本人たちは逆にプラスな面もあるとこのように語っています。グンミは「私服を着ている時は私達も自由でいたいし、そういう面では楽でいいと思うの」と語り、ウェイも「ヘルメットを脱いでる私と、かぶってる私、二つの人生があるの」と明かしています。また、違う番組でヘルメットをかぶって出演したグンミは、ヘルメットをかぶる理由として「ヘルメットを脱いだらCRAYON POPとわかってもらえないから、もう少しの間宣伝するためにもヘルメットをかぶるつもり」と話しています。 これに対して韓国のネット上では… ・私もそうかもww ヘルメット脱いだ姿で、横を歩いててもわからないだろうなww ・むだに気づかれて、追いかけられるよりはましかも ・(ヘルメットなしでも)気づくと思うけどなあ。なんでわからないのww ・どうせ気付かれたらプライバシーがないって大変って言うんでしょ?気付かれなかったら、知名度が低い気がして悲しいっていうんだろうし ・ヘルメット脱いだら、すっきりして涼しそうでGOOD。 ・(ヘルメットがないと)なんか残念だし、安っぽい顔に見える(泣) ・ヘルメットとった姿も、可愛いしきれいです! …など様々な意見があるようです。 そんな彼女達の存在感をアピールしてくれるヘルメットですが、かぶるようになった理由は「既にたくさんの数で溢れている女性アイドルの中で目立つためには、無条件違いを見せることが必要だ」という所属事務所の社長のアイディアから始まったようです。デビュー当時はヘルメットをかぶっていなく、ヘルメットをかぶるなど、コンセプトを変えることで徐々に知名度が上がってきたようです。2012年CRAYON POPデビュー当時 ちなみにヘルメットは社長がソウル市内のオートバイ売り場が並ぶ通りで、25,000ウォン(2,300円相当)で購入した一つのものを、毎回衣装に合わせてテープを貼り変えて使いまわしているそうです。テープを貼りかえるCRAYON POPのマネージャー達 関連記事ももいろクローバーZそっくりのアイドルCRAYON POPに盗作疑惑が浮上

イーリバースドットコム/学生向け見学ツアー開始/産廃循環工程体験、就活の一助に

December 2, 2017

産業廃棄物の処理過程を管理する産業廃棄物管理票(マニフェスト)の電子化を手掛けるイーリバースドットコム(東京都港区、高橋巧社長)は、建設業界や産業廃棄物処理業界向けの新たな取り組みに乗りだした。大学生や教授・研究者を対象に、建設現場や産廃処分場などを見学するツアーを今年開始。現場から生じる廃棄物がどのようにリサイクル・処分されるか一連の工程を見てもらうと同時に、その間に活用される同社のサービスを知ってもらうのが狙いだ。 同社は、建設業界向け電子マニフェストのASP(アプリケーションサービスプロバイダー)で高いシェアを持つ。15年度に「未来への創造と循環をITで支える」をコーポレートメッセージに、新たなブランドコンセプトを打ち出した。 「従来の電子マニフェストウェブサービスに特化した企業ではなく、建設会社の創造工程(建設現場)への新たな間接貢献や処理会社の循環サービスへの貢献を深耕するのが狙い」(芥田充弘管理部長)という。 見学ツアーもその一環で、顧客のCSR(企業の社会的責任)活動や採用活動に役立ててもらうのが目的の一つだ。「イーリバースドットコム(ERC)トレーサビリティツアー」の名称で、1日で「建設」「IT」「循環」の3業種の社会での役割を就職を控えた学生や学術機関の教授・研究者に体験してもらう。 初回は2月に行われ、山本恭裕千葉商科大商経学部教授、神原理専修大商学部教授、大原悟務同志社大准教授が参加し、イーリバースドットコムの電子マニフェストASPサービスのデモ操作などを体験した。 9月に開かれた2回目のツアーには、専修大の経営、経済、商学部の1~3年生9人が参加。建物や構造物の修繕を手掛けるヨコソー(神奈川県横須賀市、佐藤幹男社長)が横浜市内で施工中のマンション大規模改修工事と産業廃棄物の収集運搬・処理処分の光洲産業(川崎市高津区、光田栄吉社長)が横浜市に持つ中間処分場を見学した。 見学を終えた学生からは、「産廃を扱う現場の方々に対する見方が大きく変わった」「一連のプロセスをイーリバースドットコムの利用方法と共に自分の目で学ぶことができた」などの感想が寄せられており、評判も上々という。 原則無料で当面は首都圏を中心に開く。同社管理部総務グループの五十嵐理誠氏は「中小規模の企業では見学会の独自開催は難しい。企業と学術機関との接点にもなる。3カ月に1度は実施していきたい」としている。

清水建設/広野駅東口(福島県広野町)にオフィスビル建設/浜通りの復興後押し

December 1, 2017

福島県広野町のJR常磐線広野駅東側に清水建設が計画するオフィスビル「(仮称)広野東口ビル」の安全祈願祭が25日、現地で行われ、町の復興をけん引する開発事業が本格的にスタートした。同社が主体となり、町が進める「広野駅東側開発整備事業(第1期)」の目玉施設を16年3月までに完成させる。ビルには、今後数十年続く福島第1原発の廃炉作業や、汚染土の中間貯蔵施設の整備を行う企業などを誘致。浜通りの再生と経済振興を後押しする拠点施設とする。建設するビルの規模は、S造(免震構造)6階建て延べ3455平方メートル。震度6強の地震にも耐えられるよう免震構造を採用するほか、非常用電源を配備し停電に備える。清水建設が町から20年間土地を借り受け、設計・施工とテナント誘致を含めた運営を行う。1期事業では、テナント事業用地(7・65ヘクタール)と事業用地6区画を町が造成。原発事故の処理を行う企業や研究機関などを誘致し、新たな市街地の形成を目指す。1期の北側では2期事業も計画している。清水建設は昨年、町が行った公募型プロポーザルで開発事業者に選ばれた。ビル建設の総投資額は約14億円で、一部に経済産業省の福島再生加速化交付金を充てる。 式典には、遠藤智広野町長、清水建設の吉田和夫常任顧問、竹浪浩常務執行役員東北支店長ら関係者が出席。祝詞奏上や玉ぐし奉てんの後、吉田顧問や竹浪支店長らが盛り砂に鍬を入れ、工事の無事完成を祈った。席上、遠藤広野町長は「駅前を復興の拠点にし、新しい価値観に基づく町づくりを進める。開発を通じ、世界が注目する福島の復興に貢献したい」とあいさつ。吉田顧問は「民間企業が主体となり復興事業に取り組む最初のケースだ。ビルはコンパクトだが多くの機能を盛り込んだ。企業の出先として活用してほしい」と語った。町には昨年10月時点で1750人の町民が住んでいる。町外への避難者は同11月時点で3371人。今年4月には町内に中高一貫の県立ふたば未来学園高校が開校した。本年度内に公設の商業施設もオープンする予定になっている。広野駅前の開発が完成すれば、双葉郡の事業所不足が緩和され、原発の廃炉や除染などの作業が円滑に進む効果が期待される。 □松浦昌彦工事長(清水建設)の話□「工事中は全社で連携し労務や資材を調達する。現場は鉄道駅や線路に近いため、常に人に見られていることを意識し、飛散物などがないよう留意する」。